先端医療センターについて

先端医療センターについて

先端医療センターは、病院と研究所を備え「医療機器の研究・開発、医薬品等の臨床研究支援(治験)、「再生医療等の臨床応用」の3つの分野において、基礎から臨床への橋渡し(トランスレーショナルリサーチ)機能を担っています。
病院では、標準的な医療では対応困難な疾病を克服するため、映像医学、臨床研究(治療)、再生医学の分野で先端医療を実施しています。

先端医療センター長鍋島 陽一
先端医療センター病院長平田 結喜緒
先端医療センター研究所長鍋島 陽一
再生医療研究部長田口 明彦
映像医療研究開発部長千田 道雄
医薬品研究開発部長鍋島 陽一
先制・予防医療研究開発部長鍋島 陽一
整備主体神戸都市振興サービス株式会社
運営主体公益財団法人先端医療振興財団
開所平成15年3月24日
鍋島 陽一
役職

先端医療センター長

姓名

鍋島 陽一(なべしま よういち)

経歴
新潟大学医学部卒業

1946 年生まれ。
新潟大学医学部卒業、新潟大学医学部助手(生化学)、厚生省国立・精神神経センター 神経研究所遺伝子工学研究部長などを 経て、京都大学大学院医学研究科教授、京都大学生命科学系キャリアパス形成ユニット長等に就任、 2010 年 4 月より現職。

~新たな躍進、新たな挑戦~

2010年4月より先端医療センター長として赴任しました。先端医療センターの目標は日々、発展している先端科学の研究成果を人類の健康の増進に結びつけ、健康長寿社会を実現することです。その為に、センターでは特に再生医学、画像医学、新薬の開発研究に力を入れてきており、その成果として画期的な治療法や先進的な医療を市民に提供できるようになってきております。

次の課題は、更に広く優れた方々の参加を得て、これまで培ってきた萌芽的な成果を大きく花開かせることです。モノ、カネ、ヒトの制約の中で、ややもすると落ち込みがちな時代ですが、このような時こそ長期的な視点に立って確実に前進しなければなりません。また、一つ一つの成果を確実に健康の増進、生活の質の向上に結びつけ、その成果を市民の皆様に実感していただけるようにしなければいけません。幸い、研究の成果を臨床に橋渡しする「橋渡し研究支援推進プログラム」事業で、京大、阪大などの5大学と共に先端医療振興財団が選ばれております。また、神戸市が先端医療の拠点となるための「バイオメディカルクラスター」事業を推進しています。更に来年7月には神戸市民病院の建設、移転が完了し、先端医療センターとのこれまで以上に緊密な協力体制が出来上がります。これらはいずれも先端医療の実現を加速し、神戸市の発展、市民の健康の増進に大きく役立つものと確信しております。

一方、医療も国際化の時代を迎えようとしています。先端医療センターの成果を世界に発信し、また、世界の優れた技術や制度をいち早く学び、一日も早く市民の健康の増進のために具体化しなければいけません。センターは海外、特にアジアの国々との連携、協力が期待されており、国際化を目指して新たな取り組みを開始しています。

先端医療センターでは多くの萌芽的成果が生まれています。今、求められていることはその成果を「迅速」かつ「確実」に先端医療へと展開し、臨床、診療へと発展させることです。職員、関係者一丸となって努力してまいりますので、何卒ご協力、ご理解、ご支援をお願いいたします。

先端医療センター病院HPはこちら    研究部門HPはこちら